SBWSセミナー DX 遠隔監視の全体像

日程:2021年9月21日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年9月17日 13時 受付終了
会場:TeamsによるWebセミナー

申し込み多数のため締め切りました。
後日オンデマンド配信を予定しておりますので、ご希望の方は お問い合わせ からご依頼ください。
オンデマンド配信の準備が整いましたら案内メールを送付させていただきます。

【セミナー概要】

遠隔監視のデータ生成される場所(センサ)から付加価値のある情報に変換されてユーザ様に有効な情報が提供されるまでの起承転結を具体的に構築の流れ、事例、トピックスを交えてご紹介します。
またその中核となる通信分野のIoTプラットフォームとして実績豊富な(株)ソラコムのご紹介も交えて、DX遠隔監視システムの全体像をご紹介いたします。

【セミナー内容】

1. 14:00~14:30 遠隔監視の動向、事例、機能ご紹介 (株)ナカヨ IoT推進部 磯野信明
①DX遠隔監視の全体像と課題
②無線データセンシングのシステム構築の流れ(現場調査、センサ設置、閾値設定、アラームメール設定)
③ナカヨ アナログセンサ汎用可視化ツールのご紹介
④導入事例 トピックスご紹介

2. 14:30~14:45 ソラコムIoTプラットホームのご紹介 (株)ソラコム システムアーキテクト 松本悠輔

3. 14:45~14:50 遠隔監視システムの構成パターン (自社運営、保守、付加サービス)(株)ナカヨ IoT推進部 磯野信明

4. 14:50~14:55 まとめ

SBWSセミナー 製造業におけるDX化による生産性・品質・安全性の向上 ~従業員の安全・安心を配慮した簡単デジタルサイネージの活用事例~

日程:2021年8月25日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年8月24日 13時 受付終了
会場:Zoomウェビナー

申し込み多数のため締め切りました。
後日オンデマンド配信を予定しておりますので、ご希望の方は お問い合わせ からご依頼ください。
オンデマンド配信の準備が整いましたら案内メールを送付させていただきます。

【セミナー概要】

DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が製造業でも叫ばれている昨今。限られた時間やリソースで生産性・品質を上げていかなければならない状況の中、並行して従業員の満足度・職場環境向上に取り組む為にもDX化を検討しているという企業も多いのではないでしょうか。
しかし一方で、現場に導入するにはハードルが高い、高度なデジタル技術を使いこなせる技術者がいない、というお悩みを持つご担当者の声もよく聞かれます。
そこで本セミナーでは、コンサルティングを行う中で重視している、限られたリソースで生産性向上・職場環境改善のDX化を進めるためのヒントと、DX推進の一歩としての導入・運用が簡単な、製造業向けデジタルサイネージについて活用事例を交えてご紹介いたします。

【セミナー内容】

1. 14:00~14:05 ご挨拶 ~今回のセミナー主旨と目的ご説明~ 島津(株式会社ステラリンク)
2. 14:05~14:25 限られたリソースで生産性向上・職場環境改善のDX化を進めるためのヒント 田嶋氏(株式会社ジェムコ日本経営)
3. 14:25~14:50 従業員の安全・安心を配慮した簡単デジタルサイネージの活用事例 古田(株式会社ステラリンク)
4. 14:50~15:00 質疑応答

SBWSセミナー経営ロス視点からの物流管理・改善の考え方 ~物量情報の分析・評価手法と最適運賃確認ツールのご紹介~

日程:2021年7月29日 14時~14時55分
定員:80名
申込締切:2021年7月28日 13時 受付終了
会場:Zoomウェビナー

【セミナー概要】

サプライチェーン・物流領域は、ロスコストの宝庫です。可視化・定量化することで、社内意識改革に繋がり、コスト改革推進のトリガーとなります。

しかし、この様なお悩みはありませんか?
・物流情報をどう分析すれば有効な評価ができるか分からない!
・物流管理のためのデータベースの作り方が分からない!
・物流ロスコスト抽出の着眼点(ロスの定義や考え方)が分からない!

本セミナーでは経営ロス(物流管理ロス)を着眼点とした、物流実態の可視化・定量化からのロスコスト算定(改善ポテンシャル)ならびに克服課題形成の考え方を、具体的な物流データの分析手法を交えて、ご説明をします。
また後半では、㈱ジェムコ日本経営と㈱ステラリンクにて共同開発した『ベスロジ.com』を課題解決の軸として、昨今DX推進として注目されている自動化RPAツールの活用方法をご紹介させていただきます。

【セミナー内容】

14:00~14:05 ご挨拶 小倉(株式会社ジェムコ日本経営)
~今回のセミナー主旨と目的ご説明~
1. 14:05~14:35 経営ロス視点での物流管理とは? 今村(株式会社ジェムコ日本経営)
2. 14:35~14:50 物流DX推進での情報(ベスロジ)・自動化(RPA)ツールの活用紹介 高松(株式会社ステラリンク)
3. 14:50~ 質疑応答

SBWSセミナーDX成功の鍵は目の前の【現場の整理】〜DX人材教育と現場作業の見える(データ収集・業務手順)化〜

日程:2021年6月29日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年6月28日 18時 受付終了
会場:Zoomウェビナー

【セミナー概要】

本セミナーでは、AIサービスやIoTの導入など、DX化に取りかかるも、停滞もしくは、挫折している方々や、これからどういったことをやっていったら良いのか?と悩まれている方々に向けて、その取組みとサービスをご紹介します。
・業務のDX化を成功させる鍵とは:取組み・サービス・人材教育
・見える化(作業標準、手順化)が可能にする「働きやすさ」と、「働きやすさ」を継続支援するBPO事業

【セミナー内容】※当日の内容や順番が変更になる可能性もございます

1. 業務のDX化を成功させるには〜サービスと人材育成 講師:(株)エヌ・アンド・アイ・システムズ
 a. DX化を促進する各種サービス
 b. 人材教育:NIアカデミー紹介
2. 業務の見える化〜BPO事業とWebマニュアルサービス連携 講師:(株)エヌ・アンド・アイ・システムズ、YAMAGATA(株) 
 a. BPO事業と見える化
 b. BPO受託案件とWebマニュアル導入事例
 c.「はたらきかたエディター」紹介
3. 質疑応答

SBWSセミナー物流DX 運送編 on Web~ドライバー運行管理ツールと最適運賃確認ツールのご紹介~

日程:2021年5月25日 14時~14時55分
定員:80名
申込締切:2021年5月24日 13時 受付終了
会場:Zoomウェビナー
【セミナー概要】
本セミナーでは物流業界ではまだまだアナログ管理が多い運送部門にフォーカスした形で、運行データ・運賃データをデジタル化して運送部門のDXを促進する2つのシステムの説明をします。

「どらたん」
どらたんはドライバーがいつも利用するスマートフォンとLINEを使ってクラウド上でリアルタイムの運行管理を行ない、デジタル日報を自動生成するシステムです。

「BESLOGI.com(ベスロジドットコム)」
市場に合った最新の最適運賃を把握できるBESLOGI.comは、30年以上に及ぶトラック運送費用の実勢分析と毎月の最新経済指標を加味して算出される運賃情報から「距離・時間・路線」の検索で最適運賃を瞬時に抽出するシステムです。
【セミナー内容】
14:00~14:05 ご挨拶 井上浩志(株式会社日通総合研究所)
今回のセミナー主旨と目的、「どらたん」開発経緯を開発者である井上が説明します。
1. 14:05~14:25 運行管理ツール「どらたん」の導入事例のご紹介 菅浩一(株式会社日通総合研究所) 
2. 14:25~14:45 最適運賃の判断をサポートする「BESLOGI.com」(ベスロジドットコム)とは? 高松由佳(株式会社ステラリンク)
3. 14:45~14:55 質疑応答

SBWSセミナー 「設備保全、遠隔監視 レトロフィットからDXへ」 ~スピード対応の秘訣:アラーム/異常可視化からWebマニュアル~

日程:2021年4月13日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年4月12日 18時 受付終了
講師:ジェムコ日本経営、ナカヨ、YAMAGATA
会場:Zoomウェビナー
【セミナー概要】
DXのキーワードが先行する中、本質となるDX導入効果を古い設備、多種多様な設備も含めて、いかに実現するかの施策、具体的事例をご紹介いたします。
【セミナー内容】
1. 本日のSBWSご紹介範囲
2. セッション1 ジェムコ日本経営 
厳しい生産環境を乗り越えるために設備管理のデジタル化
3. セッション2 ナカヨ
設備保全・遠隔監視の導入事例、システム内容
効果事例ご紹介、アラームWebマニュアルによるスピード対応
4. セッション3 YAMAGATA
Webマニュアルのご紹介
5. レトロフィットからDXへ まとめ
6. 質疑応答

SBWSセミナー「アフターコロナ時代の現場DX 『現場目線の情報共有サイネージ決定版』~宿泊施設、病院、介護施設編~」

日程:2021年3月9日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年3月8日 18時 受付終了
講師:株式会社ステラリンク、YAMAGATA株式会社
会場:Zoomウェビナー
【セミナー概要】
コロナ禍において需要拡大中のデジタルサイネージ「Stellar Sign」をご紹介いたします。
デジタルサイネージを導入したいが、どういったものを表示したらいいのかわからない、専門的な知識がなく作れない、などのお声をお聞きします。
そこで、実際に現場でご使用いただける「お客様向け」「社内従業員向け」の表示コンテンツをご紹介し、情報共有方法の具体的なイメージを持っていただければと存じます。
社内従業員向けには教育に有効的なマニュアルWEB化システム「はたらきかたエディター」をご紹介。
導入効果についてご説明いたします。「Stellar Sign」で迅速かつ、最適な情報活用に貢献いたします。
【セミナー内容】
1. 情報共有システムの必要性 講師:株式会社ステラリンク
2. 情報共有サイネージ ステラサインのご紹介 講師:株式会社ステラリンク
3. はたらきかたエディターのご紹介 講師:YAMAGATA株式会社
4. 質疑応答

SBWSセミナー「現場発DXの実践」~DXを成功させるためには、現場のデジタル化×働く社員の意識改革が不可欠~

日程:2021年2月16日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年2月15日 18時 受付終了
講師:リコージャパン株式会社、株式会社ジェムコ日本経営、株式会社ステラリンク
会場:Zoomウェビナー
【セミナー概要】
デジタル化を失敗しないための現場から始められて、現場で働く社員の意識改革を含めたスマートDXの実践をご紹介します。
DXを進めたいが、現場のベテランが協力してくれない、業務が属人的で生産性がなかなか上がらない、人手不足で仕事が思うように回らない、等という経営者の方からの声をよく耳にします。
そこで、会社のビジョンや目標に対し、あるべき姿を描き、現場から何が貢献できるか、自らが主体的に考え知恵を結集させ、付加価値の向上に向け、挑戦する現場支援のポイントをご紹介しつつ、有効なWEBツールとして今注目されているRPA製品の中からステラロボのご紹介、そして、ステラロボ導入事例と改善効果について、リコージャパン㈱より佐藤室長様にご登壇いただきます。
【セミナー内容】
1. スマートDXを 現場発で、効果をあげながら進めるために 講師:株式会社ジェムコ日本経営 小倉
2. オリジナルRPA製品:ステラロボのご紹介 講師:株式会社ステラリンク 高松
3. 導入事例 リコージャパン株式会社 佐藤様
4. 質疑応答

SBWSセミナー「現場で使える業務マニュアル短期集中Web(スマートDX)化支援」

日程:2021年1月26日 14時~15時
定員:80名
申込締切:2021年1月25日 18時 受付終了
講師:株式会社ジェムコ日本経営 収益構造改革コンサルティング事業部 川口 俊幸
講師:YAMAGATA株式会社 営業統括部 野本 英男
講師:YAMAGATA INTECH株式会社 事業開発プロジェクト室 今村 梨沙
事例紹介(インタビュー動画):高崎森永株式会社 代表取締役社長 渡邉 秀治 様
会場:Zoomウェビナー
【セミナー概要】
YAMAGATA(株)と(株)ジェムコ日本経営の「業務の見える化」支援パッケージを御紹介いたします。 技能伝承や属人的な業務の改善でお悩みの企業様に向けて、業務を見える化する短期集中型コンサルティングとマニュアルWEB化システム「はたらきかたエディター」の導入〜運用をパッケージ化した業務マニュアルのWeb化サービスの御紹介です。
導入事例として、森永製菓のフラッグシップ工場である高崎森永(株)代表取締役社長 渡邉様のインタビューも御紹介いたします。
【セミナー内容】※当日の順番が変更になる可能性もございます
1. ご挨拶〜パッケージ概要紹介 YAMAGATA(株)(野本)
2. 短期集中コンサルティング内容紹介:(株)ジェムコ日本経営(川口)
3. 業務Webマニュアルと「はたらきかたエディター」の紹介:YAMAGATA INTECH(株)(今村)
4. 導入事例インタビュー:高崎森永(株)(渡邉様)
5. 質疑応答

SBWSセミナー 経営者・⼯場⻑のための「かんたん・分かり易い」製造IoT化と生産性向上

日程:2020年12月8日 14時~15時
定員:30名
申込締切:2020年12月7日 18時 受付終了
講師:株式会社ジェムコ日本経営 収益構造改革コンサルティング事業部 川口 俊幸 / 田嶋 俊裕
講師:株式会社ナカヨ 営業統括本部 IoT推進部 磯野 信明
会場:Webセミナー(V-cube)
【セミナー概要】
IoT,DX等キーワードが先行する中、本質である生産性向上をいかに実現するかの施策検討、具体的事例をご紹介いたします。
【セミナー内容】
1. ご挨拶
2. セッション1 ジェムコ日本経営
仕事の「価値分析と評価」の重要性とロス時間・ロスコストの見える化について
3. セッション2 ナカヨ
IoT無線データ収集による生産性向上(30%)、効果・改善事例ご紹介
4.  質疑応答